2018年01月21日

カランビットのシース

カランビットは酸化被膜を落として磨きました。

取り敢えずシース製作に移行。



最初は貼り合わせ方式で行こうかと考えました。

依頼がネックナイフ的な~という事なので、軽量コンパクトの折り曲げタイプに変更。

貼り合わせだと、どうしてもサイズが大きくなりますんで。


ハトメにすれば紐で吊るすも、固定するのも自由です。


ざっと荒削りで形成。

後は細かく仕上げです。







バックアップも同様。





http://www.wacotrib.com/news/city_of_waco/knife-attributed-to-jim-bowie-s-brother-given-to-ranger/article_d48302a3-6079-5ede-a2fe-cdad849a50b2.html

アメリカの伝説の一つです。

この話も色々と有りますね…。

17インチって…、ナイフのサイズではないっすね。 ヾ(- -;)







同じカテゴリー(ナイフメイキング工程)の記事画像
これでギリギリ。
実験機と試作機
台風でも作る。
色々作ってマス。
これで完成。
ユーティリティ完成…ではない。
同じカテゴリー(ナイフメイキング工程)の記事
 これでギリギリ。 (2018-10-14 16:13)
 実験機と試作機 (2018-10-07 16:10)
 台風でも作る。 (2018-09-30 19:34)
 色々作ってマス。 (2018-09-23 16:03)
 これで完成。 (2018-09-09 16:03)
 ユーティリティ完成…ではない。 (2018-09-02 16:16)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。