2018年12月16日

ようやく届いたか…。



ベルトクリップで理想の物を探していましたが、ようやくたどり着きました。

止め位置は2か所で、1か所は多少の角度調整が出来る。

普段使いのボルトが使用可能。







ミリタリーベルトに対応した幅 1.75と1.5インチの種類が有る。

中に返しが有るので、簡単に外れる事は無い。

2個使えばハンドガンにも対応可能。


という訳で、これをナイフシースに使ってみようと思います。








この時期になると、こういうモノが作りたくなってしまいます…。







その気にさせる良い相棒♪

クリスマスって何じゃろね…







来年用の切り出しはこれ位で良いですかね。

後はゆっくり削るだけ♪


今年の依頼品は、今年の内に完成させたいものであります。  ( -_-)旦~
  


Posted by HAMMER at 16:17Comments(0)

2018年12月09日

12月ですね。

最初に業務連絡です。

曲がったナイフ製作を依頼されましたO様、御連絡が有りますのでメールいただけますでしょうか。
メールの返信がございませんので、もしかしたらこちらからの発信が届いていないかもしれません。
宜しく御願い致します。<(_ _)>


もう来年に向けての鋼材の切り出しやらをやっています。



何か面白そうなブツが出来ると良いですね~ (´ー`)y-~~


黒金で買った素材が届かないと、依頼品も進まんです…。
早く来てほしい。
  
タグ :ナイフSOG


2018年12月02日

依頼品の続き

そろそろ風邪に注意する季節です。

鋼材も機械も過熱しないので、削りの効率は上がるのは良いんですけどね。

ブランクの大量生産でもしてやろうか。







依頼品の続きです。

ハンドル形状をオリジナルと同様という事で。

握る感触というのは、厚みが1mm違っても違う感触になります。

奥が深し…('∞')y─┛~~


  


2018年11月25日

SAKURA BLADE SHOW 御礼

SAKURA BLADE SHOW も無事に終わりました。

主催のNEMOTO KNIVES 様、有難う御座いました。

参加されました各メーカーの皆様、御疲れ様でした。

お買い上げいただきましたお客様、御礼申し上げます。

















今回は部分焼き入れ犬が目玉でした、焼き入れありがとうございます。





ショーも終わったので、依頼品の続きを仕上げています。

来月中にはお渡し出来る…かも。




狂犬といえば、いつの間にかディスカバリーチャンネルで番組が…。



ディスカバリーか…。















  


2018年11月11日

ショーに持って行くモノ達。

SAKURA BLADE SHOW に持って行くモノ達です。



狂犬風 部分焼き入れバージョン。

後はシースが出来れば終わり。






見る角度によって見え方が変わります。






部分焼き入れは好かん!という方は、全焼きバージョンで。






コマンド・カランビット

シースはテックロックミニが付いています。

4.5mm厚D2を使用。

武術及び格闘系訓練向けです。








リングナイフ・プロトモデル

水平スカウトシースモデル。

5mm厚D2を使用。

切り重視の野外作業向けです。







バックアップ兄弟。

6mm厚O-1を使用。

常温硬化セラコート塗装。

立ち位置はメイン→サブ→サブ→補佐くらいだと思います。


最後に小さいモノを持って行けるかどうかです。

今回は中小型系が多い展示になりそうです。  <(_ _)>



  


2018年11月04日

もうちょいで完成

17、18日のSAKURA BLADE SHOWに参加します。

よろしければ立ち寄ってみて下さい。 <(_ _)>

持って行くモノ達…。

どうにか間に合いそうです。




コマンド・カランビット

シースも大体出来たので、本体も含めて細かい仕上げをして完成。







個人的にはこれ位が丁度イイと思います。







ハードクロムメッキから帰還。

ここまではっきりと違いが出るとは…。

これはこれで面白い事になりそうです。

1本仕上げてショーに持って行きます。




  


2018年10月28日

焼き入れ

本家の様な部分焼き入れをやってもらいました。



焼き入れ後にサンドブラスト。

部分焼き入れの違いが分かりますね。

ブラスト後の色の違いは、上がアルミナ、下がガラスビーズを使った為です。


で、後のハードクロムメッキにどの様な変化が出るか?です。







良さそうなモノ(端材)が有ったので、マイクロハチェット的なネックナイフを削ってみました。

こいつは自分で焼き入れしますか…、多分。





ランボー5ネタ。

https://blademag.com/tv-and-movie-knives/dietmar-pohl-to-make-two-knives-for-rambo-5-last-blood

詳しい全体像は見えませんが、こういうナイフになるのでしょうか??



  


2018年10月21日

ATS34

カランビットは焼き入れに出したし…。

焼き曲りの修正してもらっているし…。



依頼をいただいてからスローペースで作っていた物が旅立ちました。



ATS34は素直にミラーになってくれます。

画像の歪みは本体には関係有りません。





これはニューボルトです。

こういうのもアリですね。






https://knifenews.com/spyderco-discontinued-for-2019-list-makes-calculated-cuts/

ダルコの2019廃版リスト。

何となく分かる気がします…。


  


2018年10月14日

これでギリギリ。

企画製作中の大物は、時間的余裕が無いッス…。

ですので、これ+依頼品を重点的に仕上げて行こうかと。




絶賛磨き中。



後はネタです。( ̄ー ̄)_旦~~


http://www.recoilweb.com/the-guns-of-black-hawk-down-142415.html

ブラックホークダウンの銃



http://www.recoilweb.com/solitary-knife-fighting-skills-141420.html

人型を使うと確実に危険人物指定されます…( ̄Д ̄;;




https://www.pvk.vegas/Marfione-Custom-UTX-85-Tactical-Beard-Comb-p/xmt-mar-ut-tbc.htm

一瞬心惹かれましたが…。






どこかで観た内容ですが、もっと色々な武器を作るのでしょうか?

  


2018年10月07日

実験機と試作機


ハードクロムメッキ実験機 2号







6mmO-1スチール ハードクロムメッキ仕様。


下地の処理方法でメッキ表面が色々と変化するらしいです。

今回の物はアルミに近い様なシルバー。

オリジナルの様に白っぽいと、セラミックの様で嫌だという人向けかもしれません。


メッキ部分に塩水を垂らして、1時間経っても錆びは出ませんでした。

これなら実用には十分な性能ではないでしょうか。

7インチ物です、価格はメールにてお願いします。  m(_ _)m


取り敢えず、後2本くらい下地処理を変えて作ってみようかと考えています。

オリジナルに近い仕上がりが出来たら、今後の仕上げバリエーションに加えていこうかと。







リングナイフ試作機です。



あちこちイジクって修正して、無理やり完成させた感じです。

4.5mm D2

ブラックキャンバス・マイカルタ + レッドスペーサー






黒に赤のスペーサーが映える気がします。

決して平面研磨を誤魔化した訳では… ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛





見た目は悪くないでしょう…多分。





ブレードの仕上げもそこそこで終わらせました。

他にも傷の残しが数か所有り。

ブレードが結構幅広です。

フルに近いフラットグラインド?なので、切れは良いです。







リバースで持つという感じではないと思います。

リングが付いていてもクルクル回すと辛いかもしれません。






ホリゾンタル・スカウトシースです。

1.75インチのリガースベルトまで対応可能。

ネジは仮止めです、交換待ち中。




まぁ~ナンですか…。

そのうちナイフショーにでも持って行きますか。 (´ー`)y-~~










  


2018年09月30日

台風でも作る。

関東はこれからが台風ですね。

今夜は要注意という事で。∈( ̄o ̄)∋

次の25号はどの進路に行くのやら…。





雨降りの時はマイカルタを削りまくります。









ちょっとした新兵器を導入したら、多少は作業効率が上がりました。

こういうのって何か嬉しいですね。








雨が凄くなったら磨き作業に変更。







こいつはもう少し先ですね。

曲がりモノの削りも訓練せねば。















  


2018年09月23日

色々作ってマス。

涼しくなってくると効率アップします。

依頼品とか、試作品とか、ショー向け品とか。



これは依頼品です。







ハードクロムメッキ 試作品2号機







これも依頼品の試作型です。

放置しようかと思いましたが、色々といじくってます。

赤スペーサーを入れてみて、どの様な姿に仕上がるか?


他にも途中品が沢山…。

大丈夫か…? ゞ( ̄∇ ̄;)







このベルトサンダー良いなぁ~。

ウチのはローパワーなので、失敗が少ない代わりに時間が掛ります。

まぁどっちもどっちですかね。



  


2018年09月16日

横田基地祭2018

横田基地祭に行ってきました。

流石に昨日の雨中に行く気はしませんでしたので、本日の朝一で。

銃器関係が無いので、特には期待していませんでしたが…。




A-10のコックピット見れる♪

早起きして来たご褒美か?

パイロットからはこんな風に見えるみたいです。ヽ(゚Д゚ヽ)







複雑で分からん…。








空から落ちてくるのは、鳥のう〇こと特殊部隊。






凛とした立ち姿。







実用の物かは不明ですが、全体をマットブラックに塗っています。

そして微妙に剥げている…。

こういう小型バイクの方が隠密行動に向いているのでは?と思います。





たいへん美味しゅうござりました♪ ヽ( ̄▽ ̄*)















  


Posted by HAMMER at 16:20Comments(0)バイク

2018年09月09日

これで完成。

ユーティリティ・ブラック、完成です。





ブレードはハードクロムメッキをしましたが、薄めの仕上げで錆が出る可能性が有りました。

ですので、掟破りの常温硬化セラコートの上塗りです。

これで錆の心配は無くなりました。

メッキの専門家からすれば発狂する行為かもしれませんが、目的は黒色化と錆び止めです。

気にしないw








グリップを作る時は、色々と悩みながら少しづつ加工を変えています。

今回は人差し指の部分を大き目にしました。








これはこれで結構良い感じです。

グローブ着用でも問題無し。







シースはテックロック小に対応しています。
取り付けはお好みでお願いします。


価格等はお問い合わせ下さい。m(_ _)m






  


2018年09月02日

ユーティリティ完成…ではない。

ユーティリティ



完成したかと思ったら、メッキの厚みが今一つという事が判明。

このままでは錆が出る可能性も有りますので、この上からセラコートしてみようかと。

表面はまだザラザラしているし、薬品との化学反応も無い…と思います。

まぁやってみない事には何とも言えません。 ( -ω-)y─┛~~~~~








対ゾンビ用カランビットが良く似合う焼きそばw

しかし、思った以上に辛かった! Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

1日中、腹の中が熱かったです。

  


2018年08月26日

謎のリングナイフ

依頼品のリングナイフが完成です♪



作った本人が言うのもナンですが、面白い仕上がりになったと思います。┏| ̄^ ̄* |┛







特にシースですね。

俗に言う所のホリゾンタル・スカウトキャリーという奴です。

腰の後ろに横付けするタイプ。

テックロックだと何か芸が無いし、どうしようかと考えましたが…。

やはりシンプルなモノが1番ではないかと。


固定用のベルト部分はナイロンベルト、革、カイデックスの選択肢が有りました。

やはりカイデックスが1番固定出来ますね。

一応、1.75インチ幅のリガースベルトを通る様にしてあるので、ほとんどのベルト類は問題無いハズ。







収納状態。

もちろんリバースグリップでの抜き差しもOK。






普通に使ってもらっても問題無し。





こないだまでの天気はどこに行った??










  


2018年08月19日

バックアップ

何だかんだで作業が進みますね♪

涼しいしw ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

気分転換で作っていたブツが完成したので晒します。




バックアップ ブラック仕様

O-1炭素鋼 常温硬化セラコート ブラック

※ほんのわずかドロップしています。 ストレートではない。






セイバーグラインドがかなり良く出来たと思うモデルです。

こんな事はめったに無いのですが…ヽ(~~~ )ノ









6mm厚なので、折れる事は無い…多分。







基本的に右手のリバースで使うのがメインになる様なシース形です。

どこかに固定するも良し。

後は好き勝手に使って下さい。 ○ o 。.~~━u( ゚̄  ̄=)



そうこうしている内に嫁ぎ先が決まってしまいました…。

ヾ( ´ー`)ノ~










  


2018年08月12日

ナイフ製作 お盆休み編

お盆休み? 何それ?? ( ̄ー ̄?).....??

依頼品とお試し品の製作が…。




バックアップ 

セイバーグラインド

ブラック塗装。

普段はフラットに削りますが、たまにはセイバーも良いでしょうという事で♪








リング付きナイフ

ハンドル材 接着中







ユーティリティ 

ハードクロムコーティング仕様






8mmATS34加工

少しづつ進めて、ようやくここまで。

次はスエッジの削りです。

失敗出来ないので、慎重に作業中。


それにしても削りや磨きが素直というか…。

ATS34はこんなに扱い易い鋼材でしたっけ?? (・・∂) アレ?

O-1は削るとカスが手に刺さりますし…。



兎に角進むのみ。( ̄△ ̄)y─┛~~~~~









  


2018年08月05日

ハードクロムメッキ 2

ハードクロムメッキ実験機が帰還しました。



良い仕事です。






本家と比べてみます。

自分で塗装したシルバーの様だ。

まぁ、オリジナルより白くないですが、これはこれで良いでしょう。

あくまでもオリジナル風を求める方には、もう少し研鑽が必要ですね。



メッキは下地に左右されるらしいので、細かいブラストの方がオリジナルに近づくのでしょうか…?

白っぽくなるのは良いですが、変に光ったら困ります。


表面の手触りは同じ様です、オリジナルと何が違うのだろう??





少なくとも自家製コーティングよりは強い表面になっているハズ。

予算を少し上乗せしてもハードクロムが良いという人向けですね。


取り敢えずもう1本やってもらおう。








焼き入れから帰ってきたので、磨き作業に入ります。

今の外気温だと、外で鋼材を削るより屋内で磨いている方が楽ですね…(;´Д`A ```







  


2018年07月29日

ハードクロムメッキ

本家の様なハードクロムメッキを希望する人がちらほら。



ちょっと実験的にやってみようと思います。

もちろんメッキは素人が出来る物ではありません。

やってくれる業者さんはみつかったので、後はやってみるしかありませんね。


バックアップは別にして、まずは短いのからやってみます。

失敗してブランクが終わっても痛くないですし。 (ノ ̄□ ̄)ノオオオォォォォ

上手く行けば今後のバリエーションが増えるかも。


まずはブラストで酸化被膜落としですな。








実際にライトセイバーみたいな武器で闘う様になったら…。

刃筋は全く関係無くなるので、剣術の型は無くなるでしょうね。

突きがメインの型が出来るかも…。