2012年03月24日

ナイフ グリップの削り。

ここからは多少時間をかけてでも丁寧に行きたい所です。



まずは基準の面を削り出します。

凹面も丁寧に仕上げた方が、後々の修正が楽です。

特にシュナイダーボルト付近は材質が違う物が隣り合っている為に、削ると段差ができやすいです。

要注意です。




角を落としたりして曲面を作っていきます。

何度も握り具合を確認しながら削ります。

木目を見ながら、なだらかな曲面に仕上げていきます。


この段階では


こんなんです。

まだ上の方だけなので変に見えますが、下も削るとそれなりに見れる形になると思います。

慎重に削るので疲れます…( ̄▽ ̄;)








同じカテゴリー(ナイフメイキング工程)の記事画像
ショーに持って行くモノ達。
もうちょいで完成
焼き入れ
ATS34
これでギリギリ。
実験機と試作機
同じカテゴリー(ナイフメイキング工程)の記事
 ショーに持って行くモノ達。 (2018-11-11 16:11)
 もうちょいで完成 (2018-11-04 16:04)
 焼き入れ (2018-10-28 16:05)
 ATS34 (2018-10-21 16:08)
 これでギリギリ。 (2018-10-14 16:13)
 実験機と試作機 (2018-10-07 16:10)

この記事へのコメント
ドリルの精度に影響が出るので、自己責任ですが
ホームセンターで売っている、軸受と
付属の#60・#120番のドラムバンドを
ボール盤に取り付けて研磨すると、効率よく削れます。

一度お試し下さい。
Posted by 柏木@中の人柏木@中の人 at 2012年03月30日 02:26
情報ありがとうございます。

似たような技で、ボール盤でフライス加工とか…。
ナロータングを作る時にやってみようかと思っています。
Posted by HAMMERHAMMER at 2012年03月31日 20:20
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。