2012年03月04日

ナイフ ハンドル材の接着です。

さくさく作りましょう♪

鋼材の性質上仕方がないのですが…


薄っすら茶色く錆びていらっしゃいます…( ̄Д ̄;;

#1200でペーパーがけをして、スプレーブラッセンで色を塗ります。


ツヤ消しブラックブレードの出来上がりです。

温風ヒーターで強制乾燥したら室内が臭くなりました。

石油臭いというか…ゴム臭いというか…(ー言ー;)

自然乾燥が厳しい季節ですので、仕方がないですね。


コーティングならKGガンコートの方が良さそうです。

自分で焼き入れ戻しをするようになったらやってみます。

O1の油焼きでできんのかな?



ハンドル材は毎度おなじみのウッドマイカルタです。


ブレードに接着したら先端部の曲面が加工出来なくなるので、この時点で削っておきます。


裏側を軽くペーハーがけをして、脱脂します。


ブレードの脱脂も終わったら


エポキシ系接着剤でくっつけます。

動かない様に固定して


片面終了です、乾くまで放置します。



土曜日にSAKURA ブレードショーに行ってきました。

やはりプロのメーカーの方々の作品は勉強になります。


前から気になっていたナイフがKIKU KNIVESのブース に有りました。

モデル「J」です。

気に入りました、やはりナイフは握ってみないと分かりません ヽ('∀'*)ノ


おみやげ


MAD DOG KNIVES MAKING DVDface02





同じカテゴリー(ナイフメイキング工程)の記事画像
ショーに持って行くモノ達。
もうちょいで完成
焼き入れ
ATS34
これでギリギリ。
実験機と試作機
同じカテゴリー(ナイフメイキング工程)の記事
 ショーに持って行くモノ達。 (2018-11-11 16:11)
 もうちょいで完成 (2018-11-04 16:04)
 焼き入れ (2018-10-28 16:05)
 ATS34 (2018-10-21 16:08)
 これでギリギリ。 (2018-10-14 16:13)
 実験機と試作機 (2018-10-07 16:10)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。