2017年04月30日

最後は手作業?

取り敢えず、もう1本はスエッジ工程前まで。



肉を削ぎ過ぎない様にして厚みを残しつつ、先端近くをコンベックス風にしてみました。

これでそれなりの重量が残せました。

ここはベルトサンダーだと上手く削れんかった、まぁ削りスキルの問題なのだろうケド…。

手作業の方が上手く出来るな。



最初のモノは鋭さと切れ重視、今回のモノは破壊力重視。

後は使う人の好みで選んでもらいましょう。

無事に完成すればの話ですけどね。






IN STOCK カテゴリーを改編+更新しました。<(_ _)>

http://nighthawkedge.militaryblog.jp/c36059.html

  


2017年04月23日

さて、次のナイフは

ショーも終わったので、次のブツの製作を進めていきます。

それにしても…、時間にリミットが無い製作は気が楽ですね~♪




亜人さんナイフを1本削り終わりましたが…







攻め過ぎて薄くなった…

肉切り包丁だ。 ( ̄Д ̄;;

何だか使い手を選ぶナイフになってしまった…。



もう1本削るので、次のはもう少し厚く残してみよう。





https://kitup.military.com/2017/04/tracker-digger.html

この大剣の先っちょの様なナイフは何に使えば良いのでしょうか…。

タケノコ堀り…??

こんなんでも法的にはアウトなんでしょう…、左右対称だし。

遊ぶには面白いナイフだと思うんですけどね。





http://blog.livedoor.jp/legion84/archives/14781431.html

正にその通りだと思います。


  


2017年04月17日

ナイフショー御礼






サクラブレードショーにて来場していただいた多くの方に御礼申し上げます。


色々とヤバいこの時期に有難う御座いました。 <(_ _*)>
  


Posted by HAMMER at 22:37Comments(0)ナイフショー

2017年04月09日

SAKURA BLADE SHOW 7th



SAKURA BLADE SHOW 7th

詳しくは→こちら


この度、出展する事になりました。 

さりげなくモノが置いてあると思います。

宜しくお願いします。<(_ _)>




多分こんなモノが並んでいると思います。




UTILITY














FIGHTER












J CUSTOM










トロイカカスタム












MAD RIDER



























  


Posted by HAMMER at 16:00Comments(2)ナイフショー

2017年04月02日

STRIDER KNIVES 終了??


STRIDER KNIVES が終わるみたいです。




http://knifenews.com/strider-knives-closing/


エイプリルフールのネタかと思ったらマジもんですか?

今後はカスタムナイフ専門になるのかな…。



まぁ~ここも色々有りましたねぇ…。 ( ̄日 ̄)y-°°°


個人的には、6mm鋼材を使ってハードユースを売りにしたのは良かったと思います。



とりあえずお疲れ様でしたという事で。


  


Posted by HAMMER at 16:05Comments(3)お知らせ

2017年03月26日

とりあえず2本上がり

刃付けとシースがまだですが、ナイフ本体はどうにかOK。




ファイター






ユーティリティ

ブレードは先端方向に若干の幅広仕様にしてあります。

2~3mm程度ですが。

でも見た目もバランスが良くなってます。

今まで何か物足りないなと思っていた部分が埋まった気がします。

また一つ発展出来たかも。





残りの仕上げも急がねば。






http://knifenews.com/worlds-smallest-flipper-knife-rike-mini/

小さ!

これぞコンシールド…かな??






http://www.thefirearmblog.com/blog/2017/03/23/mad-knife-brazil/

昔はこういうのがウケてましたね~。















  


2017年03月19日

急ピッチ製作

何だか今までに無い様な製作スピードです。( ̄Д ̄;;



後は一気に仕上げるだけ。

まだまだ気は抜けませんが…。



依頼品は後回しになっています、スンマセン。m(_ _;)m






https://kitup.military.com/2017/03/32854.html

思った以上に手の込んだ作りだと思います。

ハンドメイドでやったら、この値段は無理ッス。





  


2017年03月12日

ナイフにセラコート

焼き入れから戻ってきたので、作業再開です。



常温硬化のセラコートで塗装。

硬化に時間はかかりますが、焼き付け塗装と同じ位の強度が有ります。

後はひたすら我慢。 (;´Д`)y─┛~~





https://www.facebook.com/ppknife

MK3もきちんと砥げばこうなるって事ですな。

片目の姉ちゃん仕様か?w( ̄Д ̄;)w  


2017年03月05日

焼き入れ前まで完成

焼き入れ前の段階までどうにか到達。



ファイター。





MDライダー



焼き上がって、塗装して、ハンドル接着して…。

時間がヤバい…( ̄Д ̄;;




http://www.recoilweb.com/scorpion-tanto-126815.html

邪魔にならず、無くしても懐が痛くならない価格のブツが有ると便利かもしれません。







お互いに向き合ってやったら…、どうなりますかね~??( ̄ー ̄?)


  


2017年02月26日

ナイフに刻印を打つ 2

ホームセンターでそこそこ重いハンマーを購入しました。



ロングストロークで打ち込む動作より、ショートストロークで落下加速させる方が仕上がりが安定しますね。






新作ユーティリティ♪

刻印打った完成品は焼き入れに出します。




http://knifenews.com/caswell-morphing-karambit-progress-update/

御入り畳んでも結構デカい…。

ポーチに入れたら更にデカくなりそうですね。



カランビットはフィクスドだと少々シースが大きくなります。

かと言って、コンパクトにすると抜くのが手間だったり…。

ベストなシースというのは難しいですね。 ヽ(~~~ )ノ





  


2017年02月19日

ナイフに刻印を打つ

これから作るナイフには刻印を入れる事にしました。



専門店に刻印棒を作ってもらい、端材で練習します。







ひたすら叩く!

場所、下に置くもの、持ち方、置き方、叩き方、色々と検証しながら練習。

安定して打てる動作を見つけます。









ここまではどうにか出来る様になりましたが…。

やはり治具を開発しないとヤバいですね…。

成功の確率が低いッス。 ( ̄ー ̄;


ちなみに画像のモノは超小型犬タイプのナイフです。





http://www.recoilweb.com/tops-knives-fork-115246.html

これ、その内に刃を握ってしまいそうで怖いですね。

  


2017年02月12日

亜人 佐藤さん 1号2号

切り出し完了♪



佐藤さん1号と2号。







こっちももう少しで焼き入れに出せるでしょう。





河原ネタです。



ブッシュクラフト系の動画で良く見るタイプです。

ステンのボトルに1mmワイヤーを固定して釣り下げます。







ワイヤーの先はどうなっているかと言うと…。


伸縮性のステンレス旗竿に引っ掛けています。

棒の先端は適当にステーを折り曲げてボルトで固定。


整備された河原では木の棒を探すのは難しいですよね。

そういう時はこれは便利です。

気分だけでもブッシュクラフト♪









豚ばら肉をスキレットで焼きます。

肉の油が美味いッス ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




漫画でたまに見るネタですが、リアルにやると面白い。

https://www.facebook.com/bladehq/videos/vb.114161018623946/1517964144910286/?type=2&theater


  


2017年02月05日

テーパータングの仕上げ

テーパータングの続きです。

前は基準線の罫書きまででした。




サイドをはみ出さない様に削ります。






注意するのはここ!

タングエンドのラインを越えて掘らない事です。







それが出来たら平面を出します。

正確な基準線が書けたのなら、その線近くまで荒削りしても大丈夫です。







もう1本も完成。





http://soldiersystems.net/2017/02/03/toor-knives/

リング付きナイフとグローブはけっこう考えさせられる問題です…。

入らなかったり、キツかったり…。









  


2017年01月29日

俺は畳を買ったのか??

今年分の鋼材ほか材料を購入しました。



これで亜人ナイフや色々なブツを作れます。




宅配業者が届けに来た時…。

「荷物、大きいですよ。」と言う…。


はて…??、そんな大きいハズはないのだが…。

鋼材やら色々あるから、そのせいだろうな…。

などと勝手に思い込む。 ( ̄ー ̄?).....??アレ??



トラックからブツを降ろす…。


何だ…、畳なみにデカいぞ… w( ̄△ ̄;)w














正体はコレ!









カイデックスシート

ちなみに、真ん中にあるのはコーヒー缶です。


どうやら、オーダー時にサイズを間違えた様です… ノ( ̄0 ̄;)\



普段は 1 x 2 フィートを購入していますが、今回は 2 x 4フィートで頼んでしまった様です…。


そりゃぁ畳みたいのが来るわな!


何だか普段より少し送料が高いなぁ~と思ったんですけど…、寝不足の時に注文したのが良くなかったですね…。




ですが、災い転じて福となす。


10インチ、12インチのナイフでも関係無く、ATAKタイプのコンバットシースが作れます♪ 

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ


しかし、使い切るまで何年掛るんだろう…?? ヽ(  ̄д ̄;)ノ




  


2017年01月22日

ナイフのタングをテーパーに &SHOTネタ

ナイフの軽量化やバランス向上に使われるテーパータング。

自分は基準線を入れてから作業しています。

こんな方法も有るという事で、参考にでもなれば良いかなと。( ̄ー ̄)ゞ





用意する物

穴開けの終わったナイフ、特に治具用の穴は必須です。

定板…平面だったら何でもOK。

マスキングテープ。

同じ厚みの水平な板を2枚…画像は製図用の三角定規。

※6mm厚の鋼材を2mm厚にまで削るので、定規は2mm厚のモノを使用しています。

カッターの刃。

 







テーパーが始まる線に沿ってマスキングテープを貼ります。

普通は平行に貼りますが、Jカスタムはここがちょいと違います。


中の2本の線は、凹に削る時のエンドラインです。







まず1枚の定規をテープにエンドラインに合わせます。

ここはズレたらアウトなので、人力でも良いのでしっかり固定します。







もう1枚の定規にカッターの刃を乗せて固定、刃をナイフに当ててタングを1周します。






完成です。

マスキングテープは次の削り段階でも使うので、剥がさずに残します。



自宅やホームセンターで入手可能なブツで出来ます。

鋼材に対してベストな厚みの水平板を探すのが大変かもしれませんが、それもナイフ作りの楽しみという事で。(;´Д`)y─┛~~





SHOT SHOW ナイフネタです。

http://www.recoilweb.com/recoiltv-shot-show-2017-constant-coverage-jared-wihongi-browning-knives-124654.html


http://soldiersystems.net/2017/01/18/shot-show-17-unifire-half-talon-knife-by-buck-knives/


http://knifenews.com/shot-show-2017-knives/page/17/


https://ja-jp.facebook.com/bladeforums/


http://www.thefirearmblog.com/blog/2017/01/19/new-sog-knives-tools-2017-shot-2017/


http://soldiersystems.net/2017/01/20/shot-show-17-benchmade/


https://ja-jp.facebook.com/bladehq/


まだ全部観ていないので、感想等は無しです。m(_ _;)m





  


2017年01月15日

ナイフ ファイター完成

一応これでファイターは完成です。

刃付けはまだですが。




本家に近い形状ですが、微妙に違うスタイルです。

シースは2mm厚カイデックス。

6mm厚O-1スチール。

常温硬化型セラコートコーティング。

ブラックキャンバスマイカルタ仕様。






スエッジ部分は刃は付いていません。

先端部の厚みを残す為の独自の捻り削りです。

まぁ…余り違いは出てないですが…。











本家風のリブ仕様です。





ヒルトはニッケルシエルバー。

シュナイダーボルトもニッケルシルバーです。

※今後は、コンシールドタングでシュナイダーボルトを使う事は無いと思います。









グリップの厚みは本家オリジナルと同じです。

今の狂犬よりは厚ぼったくなっていますが、初期型はこれ位の厚みが有ります。

形状も引き切りがし易い様に仕上げてあります。



全体的にいくつか反省点も有りますが、それなりに良く完成したと思います。


ユーティリティなら、もう少しハンドル厚を薄くした方が良くなるでしょう。

ファイターや大物はこれ位の厚みが有った方が安定しますね。




気になった方は、お問い合わせ下さい。






  


2017年01月08日

ナイフ ファイター続き ネタ







角を落として修正と磨きが終了。

#1000までやれば十分です。

後は最終仕上げでグリップは終わり。



やはりこの形状の方がグリップが安定しています。

自分は特に人間の身体に1番接触する部分、つまりグリップを重要視しています。

ここをどれだけ違和感無く仕上げられるか?を課題にしています。

それにしても、作るたびに何かしらの発見が有りますね。

ホントこの世界も奥が深い!


次はシースですな。




http://www.recoilweb.com/hardpoint-equipment-manticuda-121856.html

使ってみない事には何とも言えませんが…、どうなんでしょうねぇ~?

それにしても、最近はブレードの中抜きが流行りなのでしょうか…。




http://www.thefirearmblog.com/blog/2017/01/04/snowball-machine-gun/

予備弾倉まで用意しているところが、非常に大人げ無い。

こいういうのは大好きです♪  


2017年01月03日

ナイフ 2017

本年も宜しくお願い致します。





何だかんだでここまで進みました。


次はグリップの修正と磨き工程です。

前回を反省して、削り方法を元に戻しました。

やはりこの方が手にしっくりきます。


厚みもオリジナルに近くしているので、それなりに厚いです。

この方がしっかりと握れるので、切る時にトルクがかけ易いかと思います。




今年もトップスは絶好調ですか?

http://www.recoilweb.com/tops-knives-bartender-defender-xl-121782.html

栓抜き付き…。

ネックナイフに栓抜きというのがアメリカですね。







こういうデモショーは失敗すると恥ずかしいので、バレない程度に割れやすく作るのがお約束です。

だめだなぁ~






  


2017年01月01日

謹賀新年


明けましておめでとうございます。



本年も宜しくお願い致します。



小山に登って初日の出。



今年も良い事が有ります様に♪




今年の大物はこれを作ろうと思います。



狂犬パンサー、亜人佐藤風


  


Posted by HAMMER at 17:09Comments(0)お知らせ

2016年12月25日

ナイフ ファイター セラコート

焼き戻しが終わったら、表面を修正してセラコートで塗装します。







ムラった…。

もう少し慣れが必要ですね。

もう少し進んでいますが、画像を撮り忘れていました。


ですが、今年中に完成は…無理です、多分。





https://www.facebook.com/BRTBladeworks

日本刀モドキとか作ってみたいですねぇ。

法律だから、無理ですけど。




http://www.recoilweb.com/unsual-suspects-karambits-120022.html

どれか1本持ってけと言われたら…。

真ん中のBOKERですかね。



http://www.recoilweb.com/whats-your-angle-108872.html

高所からの撃つのも難しそう…。





http://www.recoilweb.com/recoiltv-training-tuneups-video-disarming-a-shooter-with-steve-tarani-120076.html