2017年02月26日

ナイフに刻印を打つ 2

ホームセンターでそこそこ重いハンマーを購入しました。



ロングストロークで打ち込む動作より、ショートストロークで落下加速させる方が仕上がりが安定しますね。






新作ユーティリティ♪

刻印打った完成品は焼き入れに出します。




http://knifenews.com/caswell-morphing-karambit-progress-update/

御入り畳んでも結構デカい…。

ポーチに入れたら更にデカくなりそうですね。



カランビットはフィクスドだと少々シースが大きくなります。

かと言って、コンパクトにすると抜くのが手間だったり…。

ベストなシースというのは難しいですね。 ヽ(~~~ )ノ





  


2017年02月19日

ナイフに刻印を打つ

これから作るナイフには刻印を入れる事にしました。



専門店に刻印棒を作ってもらい、端材で練習します。







ひたすら叩く!

場所、下に置くもの、持ち方、置き方、叩き方、色々と検証しながら練習。

安定して打てる動作を見つけます。









ここまではどうにか出来る様になりましたが…。

やはり治具を開発しないとヤバいですね…。

成功の確率が低いッス。 ( ̄ー ̄;


ちなみに画像のモノは超小型犬タイプのナイフです。





http://www.recoilweb.com/tops-knives-fork-115246.html

これ、その内に刃を握ってしまいそうで怖いですね。

  


2017年02月12日

亜人 佐藤さん 1号2号

切り出し完了♪



佐藤さん1号と2号。







こっちももう少しで焼き入れに出せるでしょう。





河原ネタです。



ブッシュクラフト系の動画で良く見るタイプです。

ステンのボトルに1mmワイヤーを固定して釣り下げます。







ワイヤーの先はどうなっているかと言うと…。


伸縮性のステンレス旗竿に引っ掛けています。

棒の先端は適当にステーを折り曲げてボルトで固定。


整備された河原では木の棒を探すのは難しいですよね。

そういう時はこれは便利です。

気分だけでもブッシュクラフト♪









豚ばら肉をスキレットで焼きます。

肉の油が美味いッス ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




漫画でたまに見るネタですが、リアルにやると面白い。

https://www.facebook.com/bladehq/videos/vb.114161018623946/1517964144910286/?type=2&theater


  


2017年02月05日

テーパータングの仕上げ

テーパータングの続きです。

前は基準線の罫書きまででした。




サイドをはみ出さない様に削ります。






注意するのはここ!

タングエンドのラインを越えて掘らない事です。







それが出来たら平面を出します。

正確な基準線が書けたのなら、その線近くまで荒削りしても大丈夫です。







もう1本も完成。





http://soldiersystems.net/2017/02/03/toor-knives/

リング付きナイフとグローブはけっこう考えさせられる問題です…。

入らなかったり、キツかったり…。









  


2017年01月29日

俺は畳を買ったのか??

今年分の鋼材ほか材料を購入しました。



これで亜人ナイフや色々なブツを作れます。




宅配業者が届けに来た時…。

「荷物、大きいですよ。」と言う…。


はて…??、そんな大きいハズはないのだが…。

鋼材やら色々あるから、そのせいだろうな…。

などと勝手に思い込む。 ( ̄ー ̄?).....??アレ??



トラックからブツを降ろす…。


何だ…、畳なみにデカいぞ… w( ̄△ ̄;)w














正体はコレ!









カイデックスシート

ちなみに、真ん中にあるのはコーヒー缶です。


どうやら、オーダー時にサイズを間違えた様です… ノ( ̄0 ̄;)\



普段は 1 x 2 フィートを購入していますが、今回は 2 x 4フィートで頼んでしまった様です…。


そりゃぁ畳みたいのが来るわな!


何だか普段より少し送料が高いなぁ~と思ったんですけど…、寝不足の時に注文したのが良くなかったですね…。




ですが、災い転じて福となす。


10インチ、12インチのナイフでも関係無く、ATAKタイプのコンバットシースが作れます♪ 

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ


しかし、使い切るまで何年掛るんだろう…?? ヽ(  ̄д ̄;)ノ




  


2017年01月22日

ナイフのタングをテーパーに &SHOTネタ

ナイフの軽量化やバランス向上に使われるテーパータング。

自分は基準線を入れてから作業しています。

こんな方法も有るという事で、参考にでもなれば良いかなと。( ̄ー ̄)ゞ





用意する物

穴開けの終わったナイフ、特に治具用の穴は必須です。

定板…平面だったら何でもOK。

マスキングテープ。

同じ厚みの水平な板を2枚…画像は製図用の三角定規。

※6mm厚の鋼材を2mm厚にまで削るので、定規は2mm厚のモノを使用しています。

カッターの刃。

 







テーパーが始まる線に沿ってマスキングテープを貼ります。

普通は平行に貼りますが、Jカスタムはここがちょいと違います。


中の2本の線は、凹に削る時のエンドラインです。







まず1枚の定規をテープにエンドラインに合わせます。

ここはズレたらアウトなので、人力でも良いのでしっかり固定します。







もう1枚の定規にカッターの刃を乗せて固定、刃をナイフに当ててタングを1周します。






完成です。

マスキングテープは次の削り段階でも使うので、剥がさずに残します。



自宅やホームセンターで入手可能なブツで出来ます。

鋼材に対してベストな厚みの水平板を探すのが大変かもしれませんが、それもナイフ作りの楽しみという事で。(;´Д`)y─┛~~





SHOT SHOW ナイフネタです。

http://www.recoilweb.com/recoiltv-shot-show-2017-constant-coverage-jared-wihongi-browning-knives-124654.html


http://soldiersystems.net/2017/01/18/shot-show-17-unifire-half-talon-knife-by-buck-knives/


http://knifenews.com/shot-show-2017-knives/page/17/


https://ja-jp.facebook.com/bladeforums/


http://www.thefirearmblog.com/blog/2017/01/19/new-sog-knives-tools-2017-shot-2017/


http://soldiersystems.net/2017/01/20/shot-show-17-benchmade/


https://ja-jp.facebook.com/bladehq/


まだ全部観ていないので、感想等は無しです。m(_ _;)m





  


2017年01月15日

ナイフ ファイター完成

一応これでファイターは完成です。

刃付けはまだですが。




本家に近い形状ですが、微妙に違うスタイルです。

シースは2mm厚カイデックス。

6mm厚O-1スチール。

常温硬化型セラコートコーティング。

ブラックキャンバスマイカルタ仕様。






スエッジ部分は刃は付いていません。

先端部の厚みを残す為の独自の捻り削りです。

まぁ…余り違いは出てないですが…。











本家風のリブ仕様です。





ヒルトはニッケルシエルバー。

シュナイダーボルトもニッケルシルバーです。

※今後は、コンシールドタングでシュナイダーボルトを使う事は無いと思います。









グリップの厚みは本家オリジナルと同じです。

今の狂犬よりは厚ぼったくなっていますが、初期型はこれ位の厚みが有ります。

形状も引き切りがし易い様に仕上げてあります。



全体的にいくつか反省点も有りますが、それなりに良く完成したと思います。


ユーティリティなら、もう少しハンドル厚を薄くした方が良くなるでしょう。

ファイターや大物はこれ位の厚みが有った方が安定しますね。




気になった方は、お問い合わせ下さい。






  


2017年01月08日

ナイフ ファイター続き ネタ







角を落として修正と磨きが終了。

#1000までやれば十分です。

後は最終仕上げでグリップは終わり。



やはりこの形状の方がグリップが安定しています。

自分は特に人間の身体に1番接触する部分、つまりグリップを重要視しています。

ここをどれだけ違和感無く仕上げられるか?を課題にしています。

それにしても、作るたびに何かしらの発見が有りますね。

ホントこの世界も奥が深い!


次はシースですな。




http://www.recoilweb.com/hardpoint-equipment-manticuda-121856.html

使ってみない事には何とも言えませんが…、どうなんでしょうねぇ~?

それにしても、最近はブレードの中抜きが流行りなのでしょうか…。




http://www.thefirearmblog.com/blog/2017/01/04/snowball-machine-gun/

予備弾倉まで用意しているところが、非常に大人げ無い。

こいういうのは大好きです♪  


2017年01月03日

ナイフ 2017

本年も宜しくお願い致します。





何だかんだでここまで進みました。


次はグリップの修正と磨き工程です。

前回を反省して、削り方法を元に戻しました。

やはりこの方が手にしっくりきます。


厚みもオリジナルに近くしているので、それなりに厚いです。

この方がしっかりと握れるので、切る時にトルクがかけ易いかと思います。




今年もトップスは絶好調ですか?

http://www.recoilweb.com/tops-knives-bartender-defender-xl-121782.html

栓抜き付き…。

ネックナイフに栓抜きというのがアメリカですね。







こういうデモショーは失敗すると恥ずかしいので、バレない程度に割れやすく作るのがお約束です。

だめだなぁ~






  


2017年01月01日

謹賀新年


明けましておめでとうございます。



本年も宜しくお願い致します。



小山に登って初日の出。



今年も良い事が有ります様に♪




今年の大物はこれを作ろうと思います。



狂犬パンサー、亜人佐藤風


  


Posted by HAMMER at 17:09Comments(0)お知らせ

2016年12月25日

ナイフ ファイター セラコート

焼き戻しが終わったら、表面を修正してセラコートで塗装します。







ムラった…。

もう少し慣れが必要ですね。

もう少し進んでいますが、画像を撮り忘れていました。


ですが、今年中に完成は…無理です、多分。





https://www.facebook.com/BRTBladeworks

日本刀モドキとか作ってみたいですねぇ。

法律だから、無理ですけど。




http://www.recoilweb.com/unsual-suspects-karambits-120022.html

どれか1本持ってけと言われたら…。

真ん中のBOKERですかね。



http://www.recoilweb.com/whats-your-angle-108872.html

高所からの撃つのも難しそう…。





http://www.recoilweb.com/recoiltv-training-tuneups-video-disarming-a-shooter-with-steve-tarani-120076.html



  


2016年12月18日

ナイフ ファイターの焼き入れ

気を取り直して、焼き入れやりますかね。




冬は気温も考えて、普段より高めに温度設定します。

ヘタすると焼きが甘くなる可能性が有るので。

かと言ってオーバーヒートさせたら鋼材が死ぬので注意が必要です。


温度が落ちないうちに冷却油にドボン。







まぁ良いでしょう。

これはセラコートでコーティングするので、冷却後すぐに焼き戻ししてしまいます。

ブレードの肌荒れが少ないので、この方法はホント助かります。





ある意味和風テイストのナイフメーカー

https://www.facebook.com/BRTBladeworks

https://www.facebook.com/Miller-Bros-Blades-415160535183925/





FN FAL フルオート

http://www.recoilweb.com/recoiltv-full-auto-friday-video-fn-fal-119518.html

AR15のフルオートでも銃がけっこう暴れたからなぁ~。

これ撃ったらどうなる事やら…。  


2016年12月11日

ナイフ ユーティリティ完成したが…

久々のユーティリティ、完成はしました…。






まぁこんなんです…。






グリップの削り方を変えてみたが…。








シースはスリップタイプです。

テックロックのサイズで穴は開いていますが、付属はしません。

この手のナイフはバックパックに入れて移動し、現場でシースから抜く作業の方が多いと思いますので。






収納状態です。






グリップはコカコーラ瓶スタイルです。





握るとこんな感じになります。


でもね…。


何か気に入らない…。

ブレードとグリップのバランスがイマイチ。

グリップのサイズ変更したのが裏目に出たか…。

握り易いサイズではあるんですけどね…。



悪くはないんだけど、良くもないという気がします…。

という訳で、

ボツ決定。


訳あり品販売コーナー行きかなぁ。



  


2016年12月04日

ナイフ ユーティリティ 他ネタ

ユーティリティの続きです。



工程は飛ばして、ここまで出来ました。

従来のモノよりグリップを5mm延長。

厚みも少しUP。

凹の削りも少し変えてみました。

更にフィンガーグルーブも大きめで、グローブ装着で作業をし易いようにしました。


握りやすさの向上を目指して色々とやってみましたが…。

何かバランスが良くない…。( ̄へ ̄|||)






http://knifenews.com/boker-smatchet/

デカい…。


http://soldiersystems.net/2016/12/01/bravo-company-the-colonel/

こっちはコンパクト。




  


2016年11月27日

ナイフ セラコート その2

前回の続きです。

常温硬化型セラコートを薪割りで試しました。



こんな風にガンガン行きます。

スパインも容赦なく叩きます。







半束くらいやりました。

まぁ、普通に剥がれています。







帰還後に洗浄してチェック。




下地処理でサンドブラストをやっていない。

塗装素人。

これらの条件を考慮しても、良い方だと思います。






だいたい同じ量の薪割りをやったガンコートのナイフです。



ナイフのコーティングなんて使えば剥がれるモノです。

後はどこまで容認出来るか?ですね。


常温硬化セラコートは自分的にアリです。

来年から本格的に使ってみようかと思います。



  


2016年11月20日

ナイフ セラコート

常温硬化タイプのセラコート塗料を購入してみました。

元々はバイクのマフラー塗装で使う為ですが、余った分をナイフの塗装に使ってみようかと。


なお、銃火器などに使われているのは焼き付けタイプの塗料です。



昔に作った実験用ナイフを使用します。


常温硬化型セラコートはドロドロの液状です。

ペンキに近いですかね。

缶底に沈殿している物質を十分に混ぜ合わせる必要が有ります。

振っても無理なので、棒などを使って掻き混ぜると良いかもしれません。



ちなみにガンコートは普通の液体です。

ですので、缶を振って攪拌すればOK。








脱脂と養生して、スプレーします。

塗装時の注意ですが、塗装エリアが物凄い酸性の様な空気になります。

喉がビリビリして咳が止まらなくなります。

塗装用のマスクは必須です。



ガンコートは普通の有機溶剤系の匂いなので耐えられましたが…、こいつは無理です!( ̄□ ̄;)!!







塗装面を見た限りでは文句無しです。

塗装して乾燥と硬化を待ちます。



後はコーティングにどの程度の耐久性が有るのか?ですね。

今度、薪割りで試しをやってみます。




上手く行けば、業者焼き入れのナイフにも塗装出来るかもしれません。



  


2016年11月13日

ナイフ ユーティリティ ハンドルの穴

焼き入れが終わったので、養生してハンドル関連の制作です。



パーツは予め作ってあるので、まずはシュナイダーボルト用の穴開けです。






片面のみ穴が開いていればOK。

ヒルト部分に隙間ができない様に、パーツを固定しなければなりません。


このタイプのナイフでシュナイダーボルトを使うのは初めてです…。


取り敢えずどうやろうか?と考えて…。

両面テープで固定する事にしました。






パーツがガタつかず固定されました。

できたらボール盤で穴開け。

まぁこんなんで良いでしょう、多分。




カランビットの歴史

http://www.recoilweb.com/history-and-evolution-of-the-karambit-116156.html

歴史や来歴は物事の理解に繋がり、それが使い手の技術向上にも繋がるのでは?と思います。

当方、まだまだ未熟也。





  


2016年11月06日

ナイフ 焼き入れ

新型炉の試しをやってみました。



設置して、上を耐火煉瓦で覆いました。

鉄管には縦にナイフが入ります。

横にすると曲がりそうなので。







点火して、炉の炎を安定させます。

直火でナイフを炙るのではなく、鉄管内部の温度上昇と熱伝導で焼き入れ温度まで持っていけるか?です。

炭は炉内にたっぷり入れてみました。







鉄管とともにナイフも赤くなってきました。







途中で出してチェック。

これならどうにか出来そうです。







空気を送って内部温度を上げて行きます。


規定時間と温度をクリア出来たら、油にドボン。







肌荒れもほとんど無く、良い仕上がりに見えます。







ヤスリで硬度チェック。

滑るので大丈夫でしょう。







酸化被膜を落として、肌荒れを修正。

直火でやるより1/3の時間で終わりました。



ガンコートを噴きつけて、焼き戻し&焼き付け工程を実行。

こんなん出来ました。




直火焼きより炭を多く使ってみました。

鉄管を熱くする必要が有るので、大盤振る舞いで炉内に入れてみましたが…。

鉄管の後ろというか奥の所に燃え残しが沢山有りました。



炭の入れ過ぎか?

送風口からの空気が届いていない?


炉内を安定燃焼させる為にも、更なる改良が必要な様です。








  


2016年10月30日

ナイフ パーツ作り LEMSS P3

焼き入れの日程タイミングが合わなかったので、パーツ作りに変更です。







タング用の溝掘り。

少々やり方を変えたら、仕上がりがバッチリ決まりました。

コンシールドタングの場合は、堀りが深すぎると接着時のブレード位置調整が面倒になります。

カタカタ動きますので…。

ギリギリ過ぎても接着剤が綺麗に充填されているか不安になります。


両面を合わせた状態で、ナイフがほんの少し動く位がベストかと。


自分の場合はタングのエンド部分を2mmくらい長く掘っています。

突きの衝撃がダイレクトにハンドル当たらない様にしています。

接着剤が衝撃の逃がしになっている?と思います…、多分。





2016 L.E.M.S.S BLADE Conference-P3

こっち系の人がメインのナイフショーです。

来年からは入場制限が掛るようです。









  


2016年10月23日

ナイフ 改良焼き入れ炉

焼き入れの炉を改良してみました。








火を直接ブレードに当てると、どうしても肌荒れしてしまいます。

焼き入れ後に修正するのも結構メンドウなので…



以前に頂いた鉄管を使用し、その中にナイフを入れて焼き入れ温度まで高めます。

炉内の温度を高温のまま安定させる為に、上に耐火レンガで蓋をする予定です。


上手く行くか…。





http://www.recoilweb.com/2-new-tom-brown-tracker-knives-114668.html

Newカラーとハンドルのバージョン。

小さいトラッカーも使い勝手が良さそうです。

中、軽作業向けかもしれません。








薪割り。






厚切りベーコンの直火焼き。







SAS流、茶葉ぶち込み紅茶。